3割負担?100%負担?包茎手術に保険は適用出来るか

保険が適用される場合とされない場合では非常に大きな差があります。

 

例えば、10万円の治療費がかかる場合、保険の適用があれば30パーセント負担になり30,000円の支払いで済みます。

 

一方で、保険が適用とされ主に自由診療になる場合には、10万円を支払わなければならないのです。

 

30パーセントの負担と100パーセントの負担では雲泥の差がありますが、病気の内容や医療機関によっても保険適用には差があるのです。

 

それでは、包茎手術に保険適用があるのかについてお話します。
関連:ABCクリニックで包茎悪化?口コミ評判と失敗しない完全ガイド

 

■泌尿器科と保険の適用について

 

・真性包茎
・カントン包茎

 

上記のタイプの包茎手術を泌尿器科で受けた場合には、保険の適用があり30パーセントの負担のみとなります。

 

真性包茎とは勃起時も包皮が亀頭を包み込んでしまっている状態になります。

 

ずっと、亀頭が露出しないような状況になっている包茎の事をさしています。

 

真性包茎は、病気のリスクも高く健康にも害があると認知されており、保険の適用がされているわけです。

 

カントン包茎は、真性包茎とは少し違いますが、同じく泌尿器科では保険適用される決まりとなっています。

 

カントン包茎は、包皮の先がすぼまっており、勃起時に亀頭を皮でしめつけてしまいます。

 

皮が裂けて出血する恐れもあるので、保険が適用されるのです。

 

 

・仮性包茎は?

 

仮性包茎は病気とされていません。

 

自然界の動物を見ても基本的に、包皮によって亀頭が守られているのが分かると思います。

 

人間のペニスの通常の状態も仮性包茎状態ということになるので、保険適用がされないのです。

 

※もちろん、仮性包茎にもリスクはあります。

 

病気を誘発してしまう可能性があるので、気になる方は保険適用がなくても手術を受けましょう。

 

 

■メンズクリニック(包茎専門クリニック)の保険適用について

 

・すべて自由診療になる

 

自由診療という事ですが、保険が適用されない事を指しています。

 

真性包茎であってもカントン包茎であっても、保険は適用されないので注意しましょう。

 

保険が適用されないからと言ってマイナスとは言い切れないのが包茎手術です。

 

メンズクリニックでは、包茎の手術を専門に取り扱っていると言ってもいいほどなので、安心してお任せできます。

 

一方で、泌尿器科は包茎手術だけ実施しているわけではありません。

 

数ある手術の中の一つが包茎手術なのです。

 

技術的に劣る可能性があるので、安全性を重視するなら多少費用はかかりますが、自由診療になるメンズクリニックを選択しましょう。


包茎治療の価値ある成果を実感

包茎治療は男性のコンプレックスを根本から解決していく行為として、世の中に浸透しています。

 

特に男性器の気になる要素である包茎は、日本人男性の大きな悩みのうちのひとつです。

 

割礼の文化があまりない日本は仮性包茎の割合が多く、悩みとして抱えている男性も多く存在します。

 

また、仮性包茎とは違いますが、真性包茎やカントン包茎など、さらに重大なものも存在しているため、治療して改善することが大事です。

 

特に真性包茎とカントン包茎は性交が困難になる場合があるので、早めの改善が重要視されます。

 

 

 

治療自体はほとんど痛みなどを感じることがなく、安全な方法が取られます。

 

信頼性のある包茎治療は実施件数も多く、美容整形などを中心に技術として治療方法が確立されています。

 

思春期からのコンプレックスである包茎を治すことにより、男としての自信を持ち直すことができるので、人生のとって大きな影響力もあるのです。

 

包茎治療は費用もそれほど掛からないので、受けやすいという特徴があり、真性包茎などの場合は保険が適用されるパターンもあります。

 

包茎を治したいと心から考えている人は、ぜひ信頼できる医院を探し、実際に包茎治療を受けると性器に自信が戻ってきます。

チャレンジしてみた包茎治療

 

多くの男性にとって大きな悩みになっているものとして包茎というものがあると思います。

 

包茎というのは簡単にいってしまえば男性の生殖器の亀頭の部分に皮がかぶったままになっている状態のことをいうのですが、日本の男性のほとんどがこの状態だといわれています。

 

しかし、ここに大きな誤解があるのですが、日本人の多くは仮性包茎というもので勃起時には皮が向けるという人がほとんどなのです。

 

性行為のときに亀頭がでているならば全く包茎治療をする必要性はないのです。

 

しかし、見た目的にコンプレックスになっているという人が多いので仮性包茎でも皮の切除などの治療をする人が多いのです。

 

私の場合にはこの仮性包茎とよばれるものではなくカントン包茎といわれるもので勃起時にもうまく皮がむけないという状態だったのです。

 

つよく皮をひっぱるなどすれば亀頭を露出することはできるのですが、そうすると包皮により亀頭がしめつけられてしまい痛みが出てきてしまっていたのです。

 

私はこのカントン包茎を治すために包茎治療としていろいろなものを試しました。

 

自分でも毎日ひっぱって皮をのばそうとしましたし、包皮を広げるための器具も使いました。

 

しかし、あまり効果を感じられなかったので最終的には包茎手術をすることで解決することができました。

 

カントン包茎はセックスができない可能性もあるのでこの状態の人はできるだけお医者さんにいったほうがいいかと思います。

包茎治療には手術が適しています!

 

包茎を治す為のグッズなども数多く販売されていますがそういったグッズを使用する場合、効果の程は使ってみない事には分かりません。

 

そういったグッズを使用して一定の期間ケアを行ったと言う方のほとんどが包茎の改善効果が見られずに、新たな策を考え出すというケースが多いのです。

 

 

 

包茎改善のためのグッズも一通り揃えれば、結構な金額に上ります。

 

効果が不明確なものでケアをするのではなく、包茎を短期間で治したいのであれば包茎手術を受けるのがベストです。

 

一昔前までの包茎手術と言えば、治す事が最優先でしたから傷口の縫合などといった審美性は二の次でした。

 

 

 

最近は審美性にもこだわった包茎治療を行なってくれるクリニックも多くなってきておりペニスに傷を残す事無く、余分な皮だけを切除し綺麗に仕上げてくれるのです。

 

包茎手術の方法は一つではなく、いくつかの選択肢があり最近ではメスを使わず、切らない術法もあるのです。

 

その方法で手術を行なえるかどうかという事は、診察を受けてみない事には分かりませんから包茎手術を取扱っているクリニックでの診察が必要になります。

 

どんな方法であれ、最先端の包茎治療を受ければ悩みの種である包茎を改善させることが出来ます。

更新履歴